ドラマ『サヨナラ、えなりくん』題名決定にえなりかずきへの同情の声

【内容をサクッと説明】

・問題となっていたドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」が、「サヨナラ、えなりくん」として、タイトル、題名を変更することに。

・しかし、新たに起用されたえなりかずきさんに、可哀想という同情の声が。

・また、”特殊能力”という大幅な路線変更にも疑問視する声が多数挙がっている。

話題の「サヨナラ、きりたんぽ」問題とは?

2017年4月からテレビ朝日系で放送予定の連続ドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」が、

男性の下腹部を切断した殺人事件をモチーフにしているとして、

きりたんぽ発祥の地である秋田県から、「きりたんぽが不適切に扱われている」と苦情が寄せられていた。

問題となったニュース映像

ドラマ名が「サヨナラ、えなりくん」に変更されることに

そして、この「サヨナラ、きりたんぽ」が、

「サヨナラ、えなりくん」

とタイトルを変更し、新たにえなりかずきさんを起用することが明らかになった。

ドラマに俳優のえなりかずきが「えなりくん」という役名で出演しており、タイトルが「サヨナラ、えなりくん」に変更されたことが21日、明らかになった。
出典:シネマトゥデイ

タイトル変更後の紹介映像

タイトル変更後の紹介映像も早速公開されている。

えなりかずきのプロフィール


出典:http://i-article01.com/

本名:江成 和己
生年月日:1984年11月9日(32歳)
職業:俳優、タレント
活動期間 1988年 –

えなりかずきに同情の声が相次ぐ

しかし、このえなりかずきさんの起用と、自身の名前がタイトルにされてしまったことに対して、

ネット上では同情とイメージダウンだという声が上がっている。

また作中の”特殊能力”について疑問視する声も

また、下記のようにドラマの設定が大幅に変更されている事も分かった。

渡辺麻友(AKB48)演じる主人公は、「きりたんぽ」では純愛を貫くがゆえに男性の下腹部を切断してしまうという設定だったが、「えなりくん」では男性の裏の顔を見た途端に豹変して「特殊能力を発揮する」と発表された。
出典:シネマトゥデイ

 

この”特殊能力を発揮する”という大幅な路線変更に、ネット上では苦言を呈する人が続出している。

今回の、タイトルにえなりかずきさんを冠した事と、設定の大幅な変更は、残念ながらネット上で反感を買う結果となってしまった。

ドラマの中身で、この悪いイメージを払拭することは出来るのだろうか…







コメントを残す