Googleがお絵かきツールAutoDrawを公開!ツイッター上の反応は?

【内容をサクッと説明】

・2017年4月11日(現地時間)、米Google Inc.が機械学習を応用したオンラインお絵描きツールAutoDrawを公開。

・AutoDrawの特徴は、キャンバスに手書きした図形を認識し、本職のアーティストが描いたイラストを提案してくれる。

・ツイッター上では早くもAutoDrawを利用した、イラストが多数投稿されている。

落書きすら綺麗なイラストに変換可能なAutoDrawとは?

autodraw

出典:http://www.autodraw.com/

米Google Inc.は現地時間の11日、機械学習を利用したオンラインお絵描きツールAutoDrawを公開した。

AutoGrawはPC、スマートフォン・タブレットに書いた絵を認識し、候補となるクオリティの高い絵を提案してくれるという。

その精度は高く、絵心の無い人が描いた絵でさえ、ワンタップで綺麗なイラストへ変えることができるとのこと。

AutoDrawのコンセプト動画

AutoDrawの利用者からは絶賛の声

しかしAutoDrawの精度の低さを指摘する声も

クオリティの高いイラストに変換可能なAutoDrawだが、
ツイッター上ではAutoDrawを利用して描いた絵が、全く意図しない絵になったという例も散見される。

ツイッター上の反応

AutoDrawの今後のアップデートに期待

ツイッター上の反応を見る限り、描写が複雑なイラストや、著作権が絡むキャラクターのイラスト等には変換されない模様。

今後のアップデートで上記の課題が改善されると、AutoDrawがネット利用者の間で継続的に利用されるツールとなる可能性も高い。

AutoDrawの今後のアップデートにも期待したいところだ。







コメントを残す